米国市場はしばらく低迷する?

米国市場はしばらく低迷する?

米国企業の異常な自社株買い

コロナショック前まで長年絶好調だった米国市場ですが、その大きな原因は米国企業による自社株買いだとの話があります。これについては、前々から聞いていました。米国企業は、日本企業に比べ投資家への還元意識が強いため、自社株買いにも積極的だと。

自社株買いは、基本的に良いことだとの認識がありました。

ですが、ここ最近の米国企業の自社株買いはやり過ぎだったようです。日銀が毎年6兆円規模の買い入れをしていましたが、米国企業の自社株買いの規模は78兆円にまで上っていたようです。それだけ自社株買いすれば、株価は上がって当然ですね。

それも自社が生んだ利益以上に自社株買いをしている企業もあるようで、健全な相場では無くなってしまっていたのですね。株価が上がれば役員報酬も上げられるということで、異常な自社株買いが行われてきたようです。

しかし、その自社株買いもコロナショックを境に出来なくなる事が見込まれています。

この辺りの話を神王リョウさんが詳しく解説されていたので、動画を載せておきます。

一見ふざけたチャンネルに見えますし、危機感を煽る投稿が多いようにも感じますが、ひとつの意見として参考にするには良いチャンネルだと思います。

しかし、この動画で話されている事を考えると米国市場の伸びはかなり鈍ることになるかもしれませんね。

米国だけへの集中投資も安全とは言いがたそうです。もちろん今でも20~30年の将来を考えた場合、米国株の上昇を信じていますが、何が起こるかわからないの相場ですので、全世界への分散も重要だと思われます。

経済カテゴリの最新記事