中国のコロナ情報隠蔽が明らかに

中国のコロナ情報隠蔽が明らかに

どうやら中国は、今年の1月上旬からWHOが情報開示の要望を出していたのに全く対応しなかったようですね。

遺伝子コードの情報だけでなく症例や感染拡大の状況まで一切開示しなかったと。ここまで情報隠蔽していたことが、WHOの職員からニューヨークのメディアであるAP NEWSに暴露されたようです。

世界中でワクチン開発が始まるために必要な遺伝子コードの開示は、国の指示に逆らって上海公共衛生臨床センターが世界に発信してくれたようです。

国の指示に逆らったためにセンターは、一時閉鎖されてしまったようですが、中国にも心ある方が居られたようですね。それにしても世界のために情報公開したセンターを閉鎖するとは、中国は恐ろしい国です・・。

損害賠償が請求されても当然の行為ですね。

この辺りの詳しい話をTTMつよしさんが動画で紹介されています。

もう一週間近く前の動画ですので、取り上げるのが遅れてしまった感がありますが、こんな動きがあったことを今更ながら知りました。

中国には今回のような対応を取ったらどれだけの損害が発生するか、損害賠償などを通してしっかり認識してもらう必要がありますね。

コロナウィルスカテゴリの最新記事