コロナウィルス ロックダウンすれば良いのか?

コロナウィルス ロックダウンすれば良いのか?

安易なロックダウンは逆効果?

コロナウィルスの感染爆発を抑えるため、ロックダウンで対応している国が増えてきている。私も現状を見ている限りでは、すぐにもロックダウンすることが後々の感染抑制に繋がるものと思っている。

だが、京都大学の教授であり経済に精通しておられる藤井聡先生の考えは違うようだ。

藤井先生の話では、ロックダウンすることは感染による直接的な被害を減らすことは出来るが代わりに経済活動が止まることで、失業率が増加し困窮した上での自殺者が増えるという、いわゆる間接的被害が増大すると言われている。

安易なロックダウンは、後々に多くの自殺者を出してしまうため、悪影響というわけだ。この辺りの考え方をグラフをつかい分かりやすく説明されている。

経済に精通されている藤井先生の考えは、今知っておくべき重要なことと思われるので説明動画のリンクを載せておきます。

非常に勉強になりました。

ロックダウンと経済支援の同時発動が重要

ただ、世界の爆発的感染を見ている限り、個人的には早期なロックダウンが効果的なように思われる。その後に発生する飲食店の破産などは、政府が直接的に経済支援すれば凌げるだろうと思う。

しかし、日本の政府に経済的支援は期待出来ないか・・・

そのことを考えると確かにロックダウンをした後の日本は経済に壊滅的ダメージを負う事になりそうだ。安易にロックダウンすべきではない。

効果だけを考えるならば、早期にロックダウンした上で政府が経済支援するという流れが一番被害が少なくなるのでは無かろうか。これに近い形を取れているのは、イギリスだろう。最終的にイギリスの被害が小さくなるのではと勝手に予想している。

さて、中々ロックダウンを決断しない上に経済的支援も真剣に取り組んでいない日本は今後どのようになるだろうか。来年以降になると思われるコロナショック騒動が終わる頃には、先進国の中で日本だけが経済に致命的なダメージを負っていないか非常に不安である。

コロナウィルスカテゴリの最新記事