投資の才能が無くても投資で資産を築く方法

投資の才能が無くても投資で資産を築く方法

普通の投資は難しい

老後2000万円問題もある中、資産運用で老後の資産を形成する重要性が益々高まっています。ですが、資産運用の方法にも様々なものがあり、始めるのも大変に思う方も居られるでしょう。

投資でイメージのある個別株の場合、その企業が今後伸びるかどうか財務諸表を読む知識が必要になったり、トレードの場合はチャートの読み方を学ぶ必要があります。それらの勉強・訓練は、何年も掛けても物にならないことがあります。一時期大成功した投資家がいつのまにか破産している事例などを聞くとその難しさが分かるかと思います。

また、プロのファンドマネージャーが運用するアクティブファンドがありますが、勝てるファンドマネージャーを見つけることも非常に難しいのです。アクティブファンドの運用成績も年によって全く異なり、プロのファンドマネージャーが運用していながらも、成績不振で運用が停止するアクティブファンドも少なくありません。

では、やはり一般人は投資出来ないのかと言うとそんなことはありません。

ほとんど勉強も要らず、簡単でありながら勝算が高い投資方法があるのです。

インデックス投資が効率的

その方法は、株式市場の指標に投資する方法です。よくインデックス投資と呼ばれるものです。例えば、アメリカの株式市場の指標であるS&P500に投資する事が出来るのですが、これは米国トップの500社にまとめて投資する方法です。米国が今後も経済成長する限り、株価も上昇してきますのでかなりの勝算があります。

この辺りの話を非常に分かり易く井上ヨウスケさんが動画で解説されています。

色んな事例をデータを基に解説されているので説得力がありますね。

話の内容も非常にわかりやすく、インデックス投資のメリットがよく分かりました。

S&P500の場合、米国ETFであればVOOを購入すれば良いですし、日本の投資信託であればeMAXISSlim 米国株式 (S&P500)を購入するだけです。

慣れていない方は、一括で大量購入するより毎月定額の購入が精神的負担も小さくお勧めです。

凡人である私も勿論インデックス投資を取り入れています。

S&P500は、過去200年を見ても成長し続けてきており (一時低迷した時期もありますが・・)、アマゾン、アップルなどの強力な企業が多数あることからも将来性が期待出来ます。インデックス投資を今後30年間する人としない人では、老後の資産の差がとんでもない額になってしまいそうですね。

資産運用カテゴリの最新記事