株価は底打ちか

株価は底打ちか

伝説の投資家達が底打ちを示唆

日米共に株価暴落の後、現在では株価はある程度戻ってきている状況です。

そんな中、超有名な投資家達が今は買い時だと強く主張されています。

これまで慎重な姿勢を示していたマーク氏までが強気な見方をしているようですので、本当に底打ちした可能性もあります。

大勢の方は、まだこれから二番底が来ると予想している状況ですが、伝説的な投資家達は、二番底は来ずにこのまま株価が回復していく予想をされているようです。

この辺りの話をバフェット太郎さんが背景から分かり易く解説されている動画がありましたので、リンクを載せておきます。

株価暴騰・暴落どちらにも耐えれる対応が重要

FRBや日銀もかつてない規模の金額を市場に投入し出していることも考えると、本当に二番底が来ずにこのまま回復していく可能性がありますね。

このまま株価が回復されていっては、チャンスに株を買えずに取り残されてしまうため、私もETFを買い増ししていっている状況です。

ですが、5月の決算発表で予想以上に悪い数値が出たり、感染爆発の第二波が来た場合には、いくらFRBや日銀が株価を維持しようとしても限界を迎える可能性もあります。そのため、株やETFを一気に買うことも危険に思われます。

結局、昨年に毎月積立していた金額の2倍程度を積立する形が良いと判断しました。これであれば、株価がこのさき回復しても暴落しても、落ち着いて対応する事が可能です。

中途半端な対応と思われる方もいるでしょうが、凡人が老後に資産を築くには最適な方法だと考えています。

資産運用カテゴリの最新記事