アメリカ大統領選挙の状況 11/15

アメリカ大統領選挙の状況 11/15

真実がわからない大統領選挙

未だ結果が出ない大統領選挙は、かつてない混乱状態にあります。アメリカ、日本の主要メディアはバイデンの勝利確定を伝えていますが、実際にはまだ確定していない状態です。

バイデン側が多くの不正投票をしている疑いが強いためですね。これに対し、メディアは根拠が無いとトランプ側を馬鹿にしているようですが、実際のところどうなのか。

お互いの主張が全く異なり、未だ真実がはっきりしていません。

ジョージア州の手動再集計結果が鍵か

この結果がはっきりするのは、ジョージア州で行われている手動での再集計結果が出る11/20と予想されます。

集計ソフトを用いて、トランプ票をバイデン票に移し変えたという疑いがありますが、手動による再集計ではっきりするでしょう。

11/20のジョージア州の再集計結果が最初の集計結果と大差が無ければバイデンが勝利する可能性が極めて高くなると思います。ただ、もしこの再集計結果でトランプが逆転するような事があれば、他の州も同様に次々にトランプが引っくり返す事が期待されます。

この辺りの詳しい話は、大紀元 エポックタイムズ・ジャパンの動画で報告されていました。

ツイッターなどでも色々な話が飛び交っていますが、外野に出来る事は少なく、11/20の結果を待つより他にありません。現状では、どちらが大統領になるか五分五分の状況と思われます。

ただ、もしトランプの主張が正しく不正投票だらけであった事が証明された場合、今まで嘘を伝え続けてきたことになるメディアはどう弁明するのか気になりますね。

これまでもメディアは自ら信用を無くす報道を発信する事が多くありましたが、今回の事がただの偏向報道であったとなった場合、もはや多くのメディアは聞く価値の無い情報媒体であることを証明してしまう致命的な事例となりそうです。

結局正しいのは、メディアなのか、トランプなのか。ジョージア州の再集計結果を静かに待ちたいと思います。

時事カテゴリの最新記事